土用の丑の日のうなぎ

今日、8月5日は土用の丑の日です。
うなぎを食べましょう!(笑)

「土用の丑の日のうなぎ」・・・知っていそうで知らなかったので調べてみました。


土用の丑の日

土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、鰻を食べる習慣がある。 一般には土用の丑の日といえば夏を指すが、土用は春、夏、秋、冬の年4回あり、土用の丑の日は年に数回ある事になる。


鰻を食べる由来

鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。これは文政5年(1822年)の、当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。

それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。

これは一説ですが、この鰻屋がバレンタインデーのチョコレートのようにCM効果を狙ったんでしょうね^^



土用の丑の日にうなぎ!夏本番を乗り切りましょう



応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。