捕鯨シーズン到来、熊野灘で解禁(和歌山・太地)

捕鯨シーズン到来、熊野灘で解禁(和歌山・太地)

熊野灘の鯨類追い込み網漁が1日解禁され、太地町の太地いさな組合(竹内章組合長)の漁船13隻が出漁。マゴンドウ約10頭を捕獲した。
 午前5時過ぎに出港し、太地沖約20キロで約30頭の群れを発見し包囲。海中に突っ込んだ鉄パイプをたたいて誘導し畠尻湾に追い込んだ。体長3〜5メートル。2日朝、競りにかけられる。漁期は来年4月30日まで。
 追い込み網漁は7種類の鯨類に限られ、捕獲頭数も制限されている。今季の割り当てはマゴンドウ254頭、ハナゴンドウ290頭など計2,393頭で昨季より75頭少ない。県農林水産部によると、昨季の捕獲数は、バンドウイルカ842頭、ハナゴンドウ295頭など合計1,269頭。【毎日jp】


昨季の捕獲数、バンドウイルカ842頭って!
イルカを鯨肉って表示してないですよね??!!!



9月15日は敬老の日。心をこめた贈り物



応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。