二の腕タプタプの深田恭子“12キロ減量”

二の腕タプタプの深田恭子“12キロ減量”の仰天

●映画「ヤッターマン」のためにバナナダイエットを敢行

 深田恭子(25)がスリムになったと評判になっている。流行のダイエットに挑戦しては失敗を繰り返してきたが、12キロの減量に成功し、最近はあえて露出の多い衣装を着用しているという。

「ミニやタイトなスーツなど脚線や体のラインが一目でわかる衣装を着て公の場や収録現場にやってくる。CMなども大胆に肌を露出している。目を凝らすとウエストがキュッとしまり、トレードマークだったタプタプの二の腕もスッキリしました」(芸能プロ関係者)

 深キョンは暴飲暴食で知られる。麻布や恵比寿の飲み屋に現れては豪快に酔っぱらい、新宿2丁目にも出没していた。ケーキやチョコレートが好物で脂っこい食べ物にも目がない。しかも最後はビールとギョーザ、塩ラーメンという豪快な生活を送っていたことも有名だ。

「深キョンは“スタイリストキラー”で、少しでもやせて見えるように黒い衣装しか着ない。体重の増減が激しく、ドラマの収録中に体形が変わるので、スタイリストは同じ衣装を何着も持っているほどです」(事情通)

 そんな深田が過去、40回近くダイエットにチャレンジしてはリバウンドを繰り返したが、決意も新たに新ダイエット法に挑んだのには逼迫(ひっぱく)した事情があったからだ。来春公開の映画「ヤッターマン」でドロンジョ役を演じるが、下半身太りで衣装が合わないトラブルが発生してしまった。スタッフがV字ハイレグを用意したが、リハーサル中に“ピリピリ”とお尻の部分が裂けたという。20億円の製作費を掛けた大作で失敗が許されないだけに、女優生命を懸けてバナナダイエットに挑戦したのだ。

「締めのラーメンセットを厳禁とし、朝はバナナ1本と水だけ。これを3カ月間続けて12キロ落としました」(関係者)

 激ヤセした深田はドラマ「学校じゃ教えられない!」(日本テレビ)や「ヤッターマン」でフェロモンを振りまき、さらにドロンジョとしての写真集発売の提案までしているとか。リバウンドだけが怖い。
日刊ゲンダイ


最近の人気女優には痩身長身が多いですが、深キョンは独自路線?でイメージも定着してたので、ダイエット、しかも激やせにびっくり。
体調不良にならないように気をつけてほしいものです。。





気になるスイーツを送料無料で







応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。