プロ野球 オリックス清原引退

清原引退試合は10月1日今季最終戦

 今季限りで現役引退を表明したオリックス清原和博内野手(41)の引退試合が10月1日の今季最終戦となるソフトバンク戦(京セラドーム大阪)になることが19日、分かった。引退セレモニー、引退会見も試合後に行われる。18日の41歳の誕生日に「最後のシーズン」と正式に引退表明したが、球団関係者は「清原選手は支えられてきたファンにきっちり報告したい思いがあるようです」と説明。10・1の試合後に清原本人がマイクを持ち、ファンに引退の報告と感謝の気持ちを述べることが濃厚となった。

 清原が生まれ育った地元大阪で野球人生の花道を飾る。現時点で今季最終戦の10月1日のソフトバンク戦が最後のユニホーム姿になることが濃厚だ。悲願のクライマックスシリーズ進出へ、左ひざの故障をおして公式戦最後まで戦い抜くことを決意。現在Bクラスのチームは3位圏内が微妙な状況だが、「10・1」が23年間の現役生活の区切りの試合となる。

 清原の引退表明を受けて球団側も全面バックアップで盛り上げる。球団関係者は「こちらも球界の大功労者を誠心誠意、華々しく送り出したいです」と明かした。これまで6人しか達成していない2000本安打&500本塁打&1500打点の大打者に敬意を表して、盛大な引退セレモニーを行う準備に入った。球団営業グループに「清原引退プロジェクトチーム」を結成。ドームビジョンで過去の勇姿映像を流すほか、清原の引退にふさわしい豪華企画を検討中だ。

 左ひざの故障が悪化した場合、また天候などによる日程変更で本拠地最終戦が延びた場合は変更される可能性があるが、清原本人も球団サイドも10・1引退試合で一致している。3日の復帰戦でも京セラドーム大阪は満員となったが、引退試合となれば、背番号5の最後の勇姿をひと目見ようと過去にないヒートアップが予想される。

 涙か、それとも笑顔か…。バットを置く日、最後の清原節がドームを感激に浸らせる。
日刊スポーツ


ニッキが少年だったころ、清原・桑田の「KKコンビ」で、大阪PL学園が甲子園を沸かせていました。
そして今、桑田選手に続き、清原選手も引退。。記録、記憶ともに野球の歴史に刻まれる活躍でした。
本当にお疲れ様でした。




気になるスイーツを送料無料で







応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。