“再結成大ブーム”いつまで続く

再結成大ブームで次は“バブルガム・ブラザーズ”

 ミュージシャンの再結成はいつまで続くのか。

 11年ぶりに再結成した「X JAPAN」が今春に東京ドームでド派手なコンサートを行い、00年に電撃解散した沖縄の4人娘「SPEED」も8月末の武道館ライブを機に再結成した。06年には「米米CLUB」、昨年は「あみん」が復活。

 海外でもラッシュだ。ポリス、レッド・ツェッペリン、ヴァン・ヘイレン、セックス・ピストルズと、ビッグネームが相次いで再結成しており、世界的にこの流れが加速している。

 そんな中で――。

「間もなく『バブルガム・ブラザーズ』の14年ぶりの復活が発表されます。『バブル』は1990年に『WON,T BE LONG』でブレークした男性2人組のデュオです。今年12月にユニバーサルミュージックから新曲がリリースされる予定で、すでに密かにプロモーション活動を始めています」(関係者)

 それにしても、なぜ“再結成ラッシュ”なのか。音楽評論家の富澤一誠氏がこう言う。

「最近は70年代から90年代前半までのヒット曲を集めたコンピレーションアルバム、カバーアルバムがヒットしていますが、再結成ブームはその延長線上にあると思います。40代、50代の中には『青春時代の歌を聴きたい』という人が多くいて、それが高じて『実物の歌手の姿を再び見たい』という要望もかなりあるのです」

 再結成は歌手やレコード会社にもメリット大だ。

「今は多額の宣伝費をかけて新人を売り出そうとしてもヒットするか分からない時代。その点、再結成した歌手のライブチケットやCDは、売れ行きがある程度読めます。また、バンドやユニットのメンバーは再結成した方が収入が増えるケースがほとんど。歌手にとってもいいことばかりです」(レコード会社関係者)

 再結成は誰もがハッピーになるおいしい商売ってことか。
日刊ゲンダイ


ファンにとって、再結成はうれしいニュースで、テンションが上がりますよね^^
一方で、新人の皆さんにも頑張ってほしいものですが。





お取り寄せ 全国うまいもんグルメ 得!グルメ大盛り福袋



応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。