板チョコのミゾは、キレイに割るためじゃないって本当?

板チョコのミゾは、キレイに割るためじゃないって本当?

板チョコの銀紙を破いたら、ガブッとそのまま食べますか? ミゾに沿って割って食べますか?

私は断然、割って食べる派の小心者です。ちなみに、板チョコはロッテ「Ghana」のブラックと決めているんですが、たまたま森永を買ったら、すごくキレイに割れてびっくり。

――板チョコがミゾに沿って、キレイに割れないのですが…?

ロッテ「もちろん食べやすいように入れてあるのですが、それ以外に、チョコを固める際の冷気の当たる面積を増やして、早く固めるといった役割もあるんですよ」(ロッテ・水野さん)

――おっ、早く固めるためでもあったんですね。森永にも聞いてみましょう。

森永「チョコが固まったら型から抜けやすいように、表面張力を少なくするためにミゾを入れています。表面が平らだと抜けにくいんですよ」(森永広報・森崎さん)

――なるほど、型から出しやすくする効果もあるんですね。

明治「型に接地する面積を増やすことで、素早く固めることができるからです。ミゾがないとチョコは端の方から冷え、真ん中が濁りムラができてしまうんです」(広報・根岸さん)

メーカーそれぞれにそんな理由があったとは。ちなみに日本で一番最初にチョコを製造したのは、1918年の森永。ですが、そのもっと前から海外では板チョコにミゾは入っていたようです。

ところで、割れやすくするためでもあるロッテが、一番キレイに割れなかったのは…。よく見ると、ロッテはチョコの厚さ5mm×ミゾの深さ1mm、森永は5×2mm、明治は6×2mm。…ミゾの深さの違いだったんですね。

割れにくくても、個人的にはロッテを愛し続けたいと思います。みなさんは、どのチョコがお好きですか?


チョコレートといえば、ロッテのイメージですが、森永のチョコフレークがめちゃ好きです(笑)
あと、チョコ菓子といえば、チョコパイかな^^
チョコ好きだから、なるべくチョコ菓子コーナーに行かないようにしています!
だって行くと買ってしまうから。。




応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。