忘年会でつい飲みすぎちゃったら…?

忘年会でつい飲みすぎちゃったら…?


「今日は飲みホー(ダイ)だから、ガッツリ飲むぞ!」そんな上司の掛け声と共にハメを外した翌朝。ズキズキと頭が痛み、胃がムカムカし、起き上がれない…そんな辛い経験したことはありませんか? まさにこれは二日酔いの症状。そもそもどうして、人はお酒を飲みすぎると二日酔いになるんでしょうか?

 社団法人アルコール健康医学協会によると、「アルコールは肝臓で、まずアルコール脱水素酵素(ADH)によって、アセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドは毒性が強いので(アルコールを過剰に摂取するなどして)十分に分解されないで体内に残ると、頭痛や吐き気、動悸などの症状が出ます」とのこと。

 結論から言えば、飲み過ぎなければいいのですね。でもそうはいかないのが人の悲しい性(サガ)。そこで、二日酔い克服のための対策を立ててみると…。


●食べながら飲む
酒と一緒に栄養のバランスのとれたもの、それもタンパク質や脂質を含んだ食物を食べましょう。アルコールと胃の粘膜の接触を緩和し、アルコールの吸収のペースもゆるやかになります。また、それによって胃腸障害を予防し、血液中のアルコール濃度も低く保てます。

●ウコンを利用する
ウコンに含まれるクルクミンという成分は肝機能を強化し、にっくきアセトアルデヒドを排出する胆汁の分泌を促してくれます。会社の机にウコンの錠剤やドリンクを常備しているビジネスマンも多いとか。ちなみに、ウコンはしょうがの仲間で、カレー粉に入っているターメリックという黄色いスパイスのこと。二日酔いにカレー、いかがですか?

●ハチミツを飲む
全米頭痛財団(National Headache Foundation/NHF)は、はちみつに含まれる果糖の一種がアルコールの分解を促進し、二日酔いによる頭痛を軽減させると科学的に検証したそう。飲む前後に、はちみつ入りのビスケットやパンを食べたり、はちみつレモンティーを飲むだけでいいそうなので、こちらもお手軽な方法かも。


また、ビールなら中びん2本、日本酒なら2合、ウィスキーダブルなら2杯を肝臓で分解するのには、平均6時間前後もかかるそう。ダラダラ飲み続けないのも二日酔いにならないコツ。さっと切り上げる勇気を持って、忘年会シーズンを乗り切りましょう!
(エキサイト)



飲み過ぎないようになんてナンセンス!
飲まされるんだから。。飲んでも二日酔いにならない方法は。。ウコン、はちみつ!なるほど♪
食べながら?ムリです。。





クリスマスプレゼントの準備はOK?大切な人への贈り物


応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。