コンクリ片から大量のお札が…

コンクリ片から大量のお札が…

 産廃処理場のコンクリ片から600万円が出てきた。6日午前9時半頃、岐阜県本巣市数屋のコンクリートリサイクル会社「山京興産」で、男性従業員(59)が粉砕したコンクリート片の中から大量の1万円札が発見された。届けを受けた北方署によると600万円以上になるとみられ、拾得物として保管し、現金が混入した経緯と持ち主を調べている。
粉砕寸前に発見 現場は岐阜市中心から北西へ約30キロ離れた本巣市の産業廃棄物処理会社「山京興産」の工場。男性従業員2人は午前8時頃から、ビルの解体などで出たコンクリートの塊を重機で破砕機に入れ、ベルトコンベヤーで流す作業をしていた。

 午前9時半頃、従業員が紙のゴミのような塊が交ざっているのを発見。近づいてみたところ1万円札であることを確認。北方署に届け出た。発見が遅ければ、そのままリサイクル材にされてしまうところだった。

 北方署によれば、見つかった1万円札は、ほぼ完全な状態のものが300枚。破損している大小約400枚を合わせると計600万円以上になるとみられる。ほとんどのお札が比較的新しいもので、帯封らしき紙が付いている紙幣もあった。工場に届く以前に混入したものとみられる。思わぬ発見に工場長は「なぜこんなところにお金があったのか…」と首をかしげている。

 工場長によると、山京興産は産廃物を引き受けて分別し、リサイクルする中間処理業者。6日午前は愛知・岐阜両県の解体業者などから持ち込まれた建物などのコンクリート片を処理していた。この日は300トンのコンクリートを処理する予定だった。業者は30〜40社あり、どこの業者が混入させたのかは特定できておらず、北方署が捜査を進めている。

 遺失物法によると、警察に届けられた遺失物の保有期間は3か月。その間に落とし主が現れない場合は拾得者である山京興産のものとなる。



僕のものです!
僕が間違えてそこに置いていたんです。。(マテ!

誰かのヘソクリだったんでしょうか。。いらないのならください!(笑)




巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪


応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。