8月のシンフォニー <川嶋あい>自伝的エッセイ「最後の言葉」アニメ化

8月のシンフォニー <川嶋あい>自伝的エッセイ「最後の言葉」アニメ化

 シンガー・ソングライターの川嶋あいさん(23)がその生い立ちを明かしたエッセー「最後の言葉」(ゴマブックス)をアニメ化した「8月のシンフォニー 渋谷2002〜2003」が8月、全国で公開される。

 川嶋さんは、幼いころに生母を亡くし、養護施設から川嶋家に引き取られた。15歳で、歌手を目指して福岡から上京したが、事務所を解雇される。そこで02年、「1000回の路上ライブ」と「CDを5000枚手売りする」、「渋谷公会堂(現・渋谷C.C.Lemonホール)でのライブ」を目標に渋谷の路上で歌い続け、デビューを果たした。05年9月に「最後の言葉」を出版し、生い立ちなどを告白、大きな話題となった。

 アニメは、路上ライブを始めた川嶋さんと、それを支えた青年社長や学生たちとの出会いや、福岡から仕送りを続けた養母の献身的な姿が描かれる。監督・脚本は、「WAOクリエイティブカレッジ」などを展開する「ワオ・コーポレーション」会長で、アニメ「ふるさと−JAPAN」で、リヨン・アジア国際映画祭子供映画部門とアニメーション部門でグランプリをダブル受賞した西澤昭男さん。配給はムービーアイ。
(毎日新聞)

劇場用長編アニメーション映画「8月のシンフォニー」公式サイト



川嶋あいさんの歌声って、やさしくてストレートに心に響いてきます。
そんな彼女の生い立ちは波乱万丈だったんですね。
エッセイも読みたいと思います。



巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪

【8月のシンフォニー】最新情報の続きを読む


応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。