時計の名入れサービスが好調

時計の名入れサービスが好調

 時計メーカー各社が、名入れなどオリジナル時計の作成サービスを強化している。カシオ計算機は、自社製品の販売サイト「e−casio」を通じ、Gショックなどの時計にチーム名などの名入れを行うサービスを強化。その結果、若者だけでなく30〜40代の同好サークルなどのオーダーも増えており、同社では、09年度に計画していた100件の受注目標を150件に上方修正した。

 名入れはレーザー照射でベルト上に印字するため、「通し番号を印字したい」といったニーズにも対応できるなど、まさに自分だけの仕様に仕上げることができる。

 料金は本体価格が1万1550円のGショックのベーシックモデル「DW5600E−1」の場合、ロゴやチーム名など2カ所に名入れすると1万3860円、3カ所に入れた場合は1万4220円となる。

 「当初は、学生がサークルの引退などの記念で利用することを想定していたが、始めてみると、サークル活動などを行う40歳前後の需要も多かった」(カシオマーケティング営業企画グループ)ため、積極的に需要の開拓を進めることにした。

 一方、セイコーウオッチは、同社サイト上のカタログの製品の中からベースとなる時計を選んだ上で、ケースやダイヤル、バンドを自由に選べる「セミオーダー式」のオリジナルウオッチ作成サービスを実施。最少100個から受け付ける。納期は45日程度で、1個あたり4000円程度かかる。申し込みは順調に増えているという。メーカーにすれば、特製品を付加価値をつけて販売することで、自社サイトでの販売増につながるなどの利点もある。今後もこうした手法が広がることになりそうだ。
(フジサンケイ ビジネスアイ)


サークルなどの引退記念品などに最適ですよね。
趣味やビジネスでも使えそう。記念品って何がいいのかあれこれ悩みますものね・・・





巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪


応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。