アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計

「アルマ」2012年にも稼働 「宇宙の進化」探る

タイトル「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA=アルマ)」ってなんだかわかりますか?
ニッキはサッパリわからず、奇天烈なネーミングに笑ってしまいました><
なんといっても、笑いのつぼは「ミリ波サブミリ波」の部分。
ついでにカメハメ波も入れてあげてください・・・サムイッ!

さて、以下は記事です。
 標高約5000メートルの南米チリ・アタカマ砂漠に日本の国立天文台や米国、欧州などが協力して設置する世界最大の電波望遠鏡「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA=アルマ)」の建設が今秋から本格化する。フル稼働は早ければ2012年。これまで難しかった暗黒星雲の内部や太陽系外惑星などの高精度観測を実現。銀河の形成や星の誕生、生命の起源などに迫る大発見に期待がかかる。(小野晋史)

 ◆最強の“複眼”

 アルマは口径12メートルと7メートルの中型アンテナ計約70台を円形に並べ、昆虫の複眼のように天体を観測する。「干渉計」と呼ばれる手法で、性能はアンテナが置かれた範囲を直径とした巨大望遠鏡に匹敵する。

 口径12メートルアンテナ(重さ約100トン)は台車で移動させ、観測開始後は約9カ月ごとにアンテナの設置範囲を直径約200メートル圏内からJR山手線がすっぽりと入る直径約18・5キロ圏内まで変化させる。直径が小さいときは電波をとらえる感度が高く、大きいと分解能が高くなり、観測目的に応じて使い分ける。

 アルマの分解能は高度約400キロの国際宇宙ステーション上の一円玉も判別可能。米国・ハワイにある国立天文台のすばる望遠鏡や米ハッブル宇宙望遠鏡の約10倍で世界最強だ。

 観測に用いる電波は波長が0・1ミリ〜1センチの間にある「ミリ波」と「サブミリ波」。昼間でも観測できる一方、大気に吸収されやすく、水蒸気で屈折してしまう。このため、空気が薄いなだらかな高地で、地球上で最も乾燥した場所といわれるアタカマ砂漠が建設場所に選ばれた。

 ◆銀河、惑星、生命

 アルマが用いるミリ波やサブミリ波は物質を透過しやすく、可視光などと違って暗黒星雲の内部や向こう側も観測できる。同様の観測施設はこれまでも存在したが、アルマの性能はけた違いに高い。

 星のもとになる物質が多く含まれる暗黒星雲は、恒星や惑星などが誕生する揺りかごでもある。アルマは、太陽系から数百光年の距離にある木星以上の大きさの惑星を観測でき、暗黒星雲の向こう側にあるサブミリ波でしか見えない未知の銀河も見つかるはずだ。

 また、宇宙誕生のビッグバン直後に生まれた原始銀河の観測を通じ、銀河の形成や宇宙の進化を解明する。原始銀河から届く光は、宇宙の膨張に伴う「光のドップラー効果」で波長が長くなり、可視光より波長が長いミリ波やサブミリ波での観測が適している。

 生命の起源につながるアミノ酸の発見も重要な観測課題だ。アミノ酸は構造が複雑で、従来の望遠鏡では発見が難しかった。もしも、暗黒星雲でアミノ酸が見つかれば、ノーベル賞級の成果だ。

 ◆星降る砂漠

 アルマ計画は1985年に始まり、日本は256億円の予算を投じて16台のアンテナ製造を担当する。アルマ全体のアンテナ数は昨年の物価上昇で削減されたが、感度の低下を観測時間の長さで補うという。

 既に標高約2900メートルの山麓(さんろく)施設には日米欧から計15台(6月現在)の口径12メートルアンテナが到着。建設予定地まで運ばれた後、2011年3月ごろからアンテナ10台ほどで観測を始める。

 各国の利用権は貢献度に応じており、日本は22・5%。観測のために現地へ向かう必要はなく、データは国内で受け取れる。
(産経新聞)


記事引用して、読み返しても、あまり意味がわからないのは気のせいです・・・





巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪


応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。