夜ぐっすり眠るための5つの方法

夜ぐっすり眠るための5つの方法
(マイコミジャーナルより)

健康のためには、ぐっすり眠るということはとても重要なこと。しかし、そのための方法として専門家が勧める生活習慣というのは、働く人間にとっては実践不可能なものである場合が多い。そこで、米国のニュースサイト「RGJ.com」がより現実的な実践方法として紹介している「ぐっすり眠るための5つのTips」と題したトピックを取り上げてみる。これらの方法を今日から実践して、明日の仕事にさしつかえないような安眠を手に入れよう。

1. 午後1時から2時以降はカフェインを摂取しない
カフェインというのは、体内に8時間から14時間蓄積するもの。仮に午後4時にはコーヒーを飲むのを止めたとしたら、たとえ夜に眠れたとしても、カフェインが深い睡眠のサイクルに入ることを妨げてしまう可能性がある。

2. 起床時間は毎日同じ時間に
寝坊によって睡眠の体内時計を狂ってしまうことがある。非常に疲れているときは、朝寝坊するのではなく、夕方に仮眠を取るほうがいい。

3. 夫のイビキ対策には防止グッズを利用する
イビキをかく夫の妻というのは、睡眠時間が毎晩1時間阻害されているという。これを防ぐには、まずは夫に減量を勧めること。さらに、生理食塩水を使った鼻腔洗浄器や、鼻孔を広げる器具を試してみるといい。さらに、夫にイビキをかいているという事実を告げ、睡眠時無呼吸症候群の可能性をチェックする(妻の場合も同じ?)。

4. 寝室に心配事は持ち込まない
いったんベッドに入ったのに、さまざまなことが頭をかすめ始めたら、もう一度起き上がって別の部屋に行き、心配事を書き留めてみる。または、食事の1時間半後くらいに、心配事を書き出すための時間を定期的に設けることで、就寝時に心配事から解放されるように努める。

5. 午後8時以降は水分の摂取を制限する
就寝の3 - 4時間前は、水分の摂取量はコップに1、2杯程度に留めておく。そうすることで、寝ている最中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまう可能性を極力避けることができる。


いびき対策は「夫(男)」限定ですか。。
まぁ良いけどw
水分摂取制限は意外だった。
いつもコップ一杯の水を飲んでから寝てました^^
別に途中でトイレ行かないよ?w





巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪



タグ:睡眠
応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。