セカンドバッグあの県では健在?

あの県では未だ健在!?ダサいファッションの象徴的アイテムとは
(goo)

かつてはオシャレな若者の必需品だったものの、今やイケてないおやじファッションの代名詞と成り下がってしまったセカンドバッグ。若い世代にとっては、すっかり馴染みのないアイテムとなりつつあるようです。ところが、ある県においては未だ健在の様子。では、県民の4分の1がセカンドバッグを愛用している県とは?

●最も多くの人がセカンドバッグを愛用している県は

その県とは、人気モデルとして活躍する佐々木希を輩出、また人口当たりの美容室の数が全国一であるなど、オシャレな県民が多いことでも知られる秋田県なのだそう。2008年4月放送のTBSの番組「日本県民性発表SP」が独自に行った1万人アンケート調査によると、秋田県民の実に23.6%がセカンドバッグを愛用しているという実態が明らかに。同サイトの「セカンドバッグ考」には、ブランド物のバッグを持ち歩くという行為が見栄っ張りの県民性を表すものではと分析されていますが、オシャレに気を使う県民だけに、使い勝手の良さ以上の付加価値を見出しているのかもしれません。
続き



セカンドバックを売ってるところを見かけないですよね。。
かばん売り場にそうそう行かないけどね><;
でも、だからってダサい県民ということではないですよ。独自の文化もあるんです!







巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪



応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。