あずきや米 変わり種炭酸続々

ペプシあずき、JTは米粉 変わり種炭酸続々

 清涼飲料各社が、一風変わった炭酸飲料を相次いで投入している。カテキンやあずきを配合したコーラ飲料や米粉を使った炭酸飲料など、従来にはない発想を売り物とする、「大人の飲料」だ。景気低迷で飲料市場が縮小する中、飲料各社が“あの手この手”で、需要喚起につなげようと懸命になっている。

 サントリーは、あずき風味のコーラ飲料「ペプシあずき」を20日から年末までの季節限定で発売する。ペプシコーラに、あずきの香料を加え、コーラの刺激感と、あずきのまろやかな甘さを兼ね備えた。

 パッケージには、着物をイメージした模様を取り入れるなど和風を強調した。価格は490ミリリットル入りで147円。20万ケース(1ケース=490ミリリットル×24本換算)の販売を目指す。

 サントリーは、これまでにペプシコーラで、キュウリやシソの風味など風変わりなコーラ飲料を期間限定で発売しており、あずき味の設定もその一環だ。

 コーラ分野でサントリーのライバルである日本コカ・コーラは、緑茶などに含まれる、脂肪を燃焼しやすくする効果のある「カテキン」を配合したコーラ飲料「コカ・コーラ プラス カテキン」を、6月から発売している。カロリーはゼロ。ターゲットとしているのは、体形を気にする働く20〜30歳代の女性で、引き合いも強い。

 「米粉」を使った炭酸飲料を発売したのが日本たばこ産業(JT)。「和素材工房 米づくり」で、9月に販売を開始した。米を知り尽くした清酒メーカー「大関」との共同開発品で、すべての材料に国産を使用。米のまろやかなうま味と炭酸の爽快(そうかい)感が楽しめる新感覚が売り物だ。410ミリリットル入りで価格は147円。目新しいものを好む20〜30歳代の男性をメーンターゲットとしている。

 体にいいビタミンなどの成分を配合した炭酸飲料「ミネラルサイダー」を9月に発売したのが伊藤園だ。1本500ミリリットル当たりカルシウムを210ミリグラム、マグネシウムを75ミリグラム含み、現代人に不足しがちなミネラルを手軽に補給できる。価格は147円。

 アサヒ飲料によれば節約志向の高まりなどを背景に、2009年の国内清涼飲料市場は、前年比0.8%減の20億380万ケースと2年連続で縮小すると試算する。

 ただ、その中で炭酸飲料は、カロリーゼロのコーラ飲料の伸びなどに支えられ、7.4%増の2億5260万ケースまで拡大するとみられている。
(フジサンケイ)


ファンタもペプシもオールゼロ(カロリー、糖分、炭水化物の3つがセロ)
を出してますよね^^
そして、最近は変り種^^
コメ粉ってどうなの?って思うけど、試してない^^;






巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪



応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。