「離婚遺伝子」発見という記事

男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍


先日のニュースでこんな記事を見つけたのでご紹介。


 男性の結婚生活の成否に影響を与える遺伝子が、スウェーデン・カロリンスカ研究所などの研究で見つかった。

 この遺伝子には様々な型があり、うち1種類を持つ男性は、結婚が危機にひんした経験のある人が多かった。この成果は、近く米科学アカデミー紀要に発表される。

 この遺伝子「AVPR1A」は、バソプレッシンというホルモンを脳内で受け止める物質をつくる。

 スウェーデンで成人約2000人について調べた結果、この遺伝子が「334」という型の男性は、妻に不満を持たれている割合が高く、過去1年間に離婚など結婚生活が破たんしたか、その恐れのあった人の割合が、他の型の男性の2倍以上だった。女性は遺伝子型の影響がみられなかった。【読売】


こんな統計調査をしてるなんて!
遺伝子ってどこまで影響するんでしょうねぇ。。。




9月15日は敬老の日、日ごろの感謝の気持ちを伝えましょう。



この記事へのコメント
334!
顔に出れば良いのに
Posted by ぶりあん at 2008年09月03日 00:44
知人が最近離婚したのを
数時間前に知りました…

家庭内の事は分からないとはいえ
謎いっぱいです…
Posted by MEL(携帯) at 2008年09月03日 06:02
離婚遺伝子があったなんて…
これが世界的に広まっていったら、どうなるんだろうと思ったり…離婚率の低下が良いってワケではないけれど…
Posted by ぶんママ at 2008年09月03日 14:46
これ、新聞で読みましたけど〜。
なんでも科学で解明しようとしなくても・・・って思うのですが。
Posted by あや at 2008年09月04日 00:09
は〜…
そんな遺伝子があるんですかぁ…
ふと
ウチのダンナの遺伝子はどうなんだろう?
って思いました。。
Posted by wata at 2008年09月04日 01:11
>ぶりあんさん

ぶはっ!w
顔に目印出ると。。。その男性は結婚してもらえないですよね><;

例えば、334の人は、みんな同じ場所に「ほくろ」があるとか?w

こわ!w
Posted by >ぶりあんさん at 2008年09月08日 12:42
>MELさん

そうですね。
他人の家庭事情って、ホント分からないものです。
夫婦円満の家庭で事件が発生したりしてますし。

Posted by >MELさん at 2008年09月08日 12:44
>ぶんママさん

世界に広まるって(爆)
ウイルスみたいに?!
根絶する計画ないんでしょうか?(笑)
Posted by >ぶんママさん at 2008年09月08日 12:45
>あやさん

今の文明は科学の発展によるところが大きいからですかね。。。
非科学的なことは、怪奇現象と言ってますし><
Posted by >あやさん at 2008年09月08日 13:00
>wataさん

ニッキも自分の遺伝子が心配にw
そのうち血液型と同じで、みんな自分の遺伝子情報を知る時代が来るのかも?
Posted by >wataさん at 2008年09月08日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援していただくとうれしいです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。