ポニョ効果で東宝興収700億円

東宝独り勝ち!ポニョ効果絶大!興収初700億円超え


 大手映画会社の東宝が12日、2008年に配給した映画の興行収入が11月末で700億円を突破したことを発表した。最終的には740〜750億円の見込み。過去最高だった07年の595億円を大きく上回る異例の数字となった。また、この日、犬童一心監督(48)が作家・松本清張さんの代表作を映画化する「ゼロの焦点」など09年のラインアップ全32作品を発表した。

 不況の嵐もどこ吹く風、最大手の東宝は驚きの数字をたたきだした。昨年のラインアップ発表で「興収600億円を超えるラインアップ」(東宝関係者)としたが、結果はそれを大きく上回り、11月までの累計興収で、すでに過去最高だった07年の1年の累計興収の130・6%を記録。最終的には昨年を150億円も上回る。

 今年、東宝は29作品を配給。そのうち10億円を超えたのは前年より1作多い21作品。特に東宝史上でも5番目の興収となる154億円(見込み)を稼ぎだした宮崎駿監督(67)の最新作「崖の上のポニョ」の“功績”が大きかったようだ。次いで「花より男子ファイナル」が77・5億円。07年のトップは宮崎吾朗監督(41)の「ゲド戦記」(76・5億円)。その後に「LIMIT OF LOVE 海猿」(71億円)が続いた。

 2000億円市場と言われる映画界で750億円は異例の数字。2位のワーナーは10月末で145億円。日本映画製作者連盟によると、10月末の時点で、邦洋合わせた興収は1984億円だった昨年の100・3%。今年、仮に2000億円に達したとしても、東宝のシェアは37・5%にもなる。東宝関係者も「自分のところを褒めるのは気が引けるけど、今年ぐらいは褒めても」と自画自賛した。

 09年のラインアップも、第1部で39億円を稼いだ「20世紀少年」の第2、3部や「チーム・バチスタの栄光」の第2弾「ジェネラル・ルージュの凱旋」が公開されるなど豊富な作品がそろう。東宝は「まずは6年連続の500億円を目指す」と控えめに話したが、今年に匹敵する成績が期待される。まだまだ東宝の勢いが衰えることはなさそうだ。
(スポーツ報知)


ポニョすごかったんですね〜
ポニョ上演期間中は、映画館に連日、列ができていましたし。。
それにしてもすごい記録ですね。
最近映画も面白くなってきた気がします。
映画関係者のご努力の甲斐がありますよね^^








この記事へのコメント
東宝さん、すごい勢いですね!
どれも見てみたい映画ばっかりです。
「20世紀少年」って見てみたいなぁー(^^)
Posted by フー at 2008年12月17日 08:39
この頃は、映画館へは行かなくなりました。
映画のチケット、もう少し安かったらいいのになぁ〜って思います。
「20世紀少年」私も観て見たいです。
Posted by ぶんママ at 2008年12月17日 21:45
もう数年映画館には行ってないのですが
自分のように
シアタールームみたいなのが
無い人こそ映画館で見るべきかなあとは思います
Posted by MEL at 2008年12月18日 00:06
>フーさん

ホント最近観たい映画が多い気がします。
映画の質があがっているのでしょうか^^^
Posted by >フーさん at 2008年12月18日 20:14
>ぶんママさん

映画もレディースデイなどで安く観れる日もありますよ^^
Posted by >ぶんママさん at 2008年12月18日 20:16
>MELさん

シアタールームって。。普通ないのでは(汗)
DVDより映画館のほうが良いのはわかるのですが、時間とお金のバランスですね。。
Posted by >MELさん at 2008年12月18日 20:18
東宝って確か数年前にも予想外に映画が売れたって言ってませんでした?
企画がいいんでしょうね〜
Posted by ぶりあん at 2008年12月18日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援していただくとうれしいです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。