1杯3000円!高級ラーメン店の気になる“中身”

1杯3000円!高級ラーメン店の気になる“中身”


「ラーメン1杯3000円」「完全予約制」「初めての人が食べられるのは1種類のみ」…。そんな型破りなラーメン店が話題だ。東京・中目黒にあるその店の名は「藤巻激城」。もともと池尻に店を構えていた人気ラーメン店だ。

取材に訪れた記者に「まずは食べてみてよ」と出されたのは、「五味融合美彩麺(赤)」(3000円)。五味(甘・辛・鹹・酸・苦)を基本としたタイのフルコースを、日本の香りと共に一杯の丼の中で融合させた一品だ。

黒と赤の器だったり、花が添えられていたりと、見た目からしてもはや“ラーメン”のイメージではないが、実際に食べてみたらもっとビックリ! トムヤムスープの酸味と麺、魚介類が融合して奥深い味がなんともウマいのだ。トムヤムスープが苦手な記者でもペロリといけた。

が、気になるのはやっぱりその値段。なにゆえ3000円もするのだろうか。

「ひとことで言えば“自信の裏づけ”ですね」と語るのは店主・藤巻氏。「最近は産地にこだわった素材で勝負するラーメン店が多いじゃないですか。でもウチは技術で勝負しているんです。3000円は技術料でもあるんですよ。その証拠に、材料も何一つ高級食材は使っていません。でも、お客さんは『また食べたい』と言って愛してくれています」

たしかに「藤巻激城」のラーメンは、決して他では出せない味だが、店主は味以外にも3000円に込めた想いがあるという。

「“ラーメン店”というより“レストラン”でいたいなと思うんです。だから完全予約制にして1時間かけてゆっくり料理を楽しんでいただきたい。そのために、内装もこだわっていますし、水槽やギャラリーも設けています。お客様には“食べる”以外にも楽しい時間を提供したいですね」

「寒い中、お客様に並んで待っていただくのは申し訳ないという思いから予約制にした」という「藤巻激城」。3000円でこれほど優雅な時間を楽しめるならむしろ安いのかも!? ちょっと変わった“リッチ感”を味わうにはぴったりのレストランだ。
(東京ウォーカー)


ラーメンネタ続きます(笑)
東京のラーメンといえば「藤巻激城」。
ってことで東京ウォーカーさんの記事をご紹介です。
ってか。。3000円って、行列できてるんでしょうか?。。





とろける口溶け♪65,000箱完売★生チョコ





この記事へのコメント
飲食店の原価率は1割と聞いていましたが、このお店はその1/10位なんでしょうか?
辛い物が苦手な私には選択の余地がないお店は怖くて行けません
Posted by ぶりあん at 2009年01月28日 10:18
ラーメン好きは並んでも食べたいんだろうけど、高級食材も使ってなくて3000円のラーメンは…高すぎのような気がします(^^ゞ
Posted by kyo at 2009年01月28日 18:15
ラーメンは好きだけど、並んで食べるのには抵抗を感じてしまいます。1000円札だして、オツリが来ないのは何だかなぁ…
でも、どんなラーメンなのか物凄く気になるのは確かです!!!
Posted by ぶんママ at 2009年01月28日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援していただくとうれしいです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。