新型インフルワクチン、重い副作用は接種2万人中4人

新型インフルワクチン、重い副作用は接種2万人中4人

 今月19日に医療従事者を対象に始まった新型の豚インフルエンザのワクチン接種について、厚生労働省は23日、追跡調査で、4人の重い副作用の報告があったと発表した。接種後に発熱や動悸(どうき)、意識低下などがあったが、接種との因果関係は不明だという。全員が回復するか症状が軽くなっており、厚労省は発生率の問題は別にして、副作用自体の重さについては「季節性インフルと同程度」としている。

 ワクチン接種の安全性を確認するため、国立病院機構の67病院で接種した医師や看護師など約2万2112人を追跡調査した。重い副作用の発生率は約0.02%。軽い副作用の報告は3人。

 季節性インフルのワクチンの場合、08年度は約4740万人(推定)に接種し、121人から重い副作用の報告があった。発生率は約0.0003%。今回は相当高い率だが、厚労省は「季節性は厳密な追跡調査をしておらず、一概には比較できない」としている。

 重い副作用の4人のうち入院は3人。4人とも接種当日に嘔吐(おうと)や下半身の筋肉痛、動悸などが起きた。副作用が起きやすいとされるアレルギーの病歴があるのは1人だけ。 一方、追跡調査対象ではないが、医療従事者の接種施設から、重い副作用2人、軽い副作用23人の計25人の報告があった。重い副作用は、急激に血圧が下がる「アナフィラキシーショック」や吐き気で、既に症状は軽くなった。
(朝日)



優先摂取対象者には、医療関係者に続き、妊婦や重篤化のおそれのある疾病症のかたなど、一般の方も含まれます。
予備知識というか、薬(ワクチン)の副作用などの情報は、すべて公開し、対象者がそれでも摂取するかどうか、自己で選択するようにしないと、ややこしい問題が発生しそうです。






巷で大注目の「訳あり」商品、目当てのモノを賢く買い物♪

この記事へのコメント
新型のワクチンはいつ接種できるか先が読めませんね…無理そうな気がします。季節性インフルエンザワクチンの予防接種も、例年以上の接種希望者です…
新型インフルに関しては、接種するより先に、罹りそうな予感です。
Posted by ぶんママ at 2009年10月26日 00:52
いいから早く、甥に注射を〜
重度の喘息持ちなので
Posted by ぶりあん at 2009年10月26日 17:40
>ぶんママさん

弱毒性っていわれてますが。。
弱くても「ドク」やんか!って思うのはニッキだけ?w
Posted by >ぶんママさん at 2009年10月26日 22:49
>ぶりあんさん

うちの子は重度ではないけど、喘息とクループのダブルです。。
Posted by >ぶりあんさん at 2009年10月26日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131067998
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
応援していただくとうれしいです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。