ドラマ『のだめ』の楽曲を着うた(R)で配信

ドラマ『のだめカンタービレ』の楽曲を配信


10月16日(月)スタートのフジテレビ系ドラマ
のだめカンタービレ』。

このドラマのために結成されたオーケストラ
のだめオーケストラ」の演奏による
クラシック楽曲の着うた(R)が、毎週ドラマ放映後に
連続配信されるそうです。


その回のドラマ『のだめカンタービレ』で
使用された楽曲が、放映後からダウンロード可能に!!

(第一回放映後は、使用された楽曲に加えてオープニング曲と
エンディング曲も配信)


ドラマ『のだめカンタービレ』と連動して
毎週着うた(R)が配信されるのは、クラシック音楽界では
初の試みだそうです。



のだめ←11月15日には『「のだめオーケストラ」LIVE!』の発売が決定!



のだめカンタービレ』特集はこちら




こちらをクリックして、応援していただくとうれしいです



ドラマ『のだめカンタービレ』の配信楽曲


☆配信楽曲リスト☆

■10月16日第1回放送後22:15〜(以下、放送後は全て22:00〜配信)※最終回の配信時間未定
@(OP曲) ベートーヴェン:交響曲第7番 第1楽章 (のだめオーケストラ ヴァージョン)
ドラマ 「のだめカンタービレ」オープニングテーマ音源。番組にむけて結成された「のだめオーケストラ」による演奏。若々しい感性がほとばしる様な演奏です。

A(ED曲) ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー エンディングヴァージョン
フジテレビ ドラマ 「のだめカンタービレ」エンディングテーマ音源。のだめオーケストラ メンバーと東京都交響楽団の混成メンバーで録音された。大編成の迫力ある演奏が、心をかきたてる!

Bベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章 (のだめ ヴァージョン)
第1話 のだめが最初に演奏する曲。千秋が’悲惨’だと評してから、のだめの才能に気づくシーン。’のだめ風’な演奏を模索して録音された。今回録音ではキーとなった楽曲。

Cモーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章 のだめ・千秋ヴァージョン
のだめと千秋がはじめて連弾する曲。自由なのだめ風に音が足されていたり、テンポがゆり動いたり。そこにぴたりとつける千秋の感性が表現されたトラック。

■10月23日第2回放送後
Dベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 作品24 「春」 第1楽章 (峰・のだめヴァージョン〜光る青春の喜びと稲妻)
峰とのだめが試験にむけて一緒に演奏する場面。光る青春の喜びと稲妻を表現して二人とも大満足する。このトラックに対するドラマスタッフのこだわりが、このシーンにあらわれている。CDでは模範演奏トラックを収録。いかに個性的な演奏かを体験できる。

■10月30日第3回放送後
Eベートーヴェン:交響曲第7番 第4楽章 (のだめオーケストラ ヴァージョン)のだめオーケストラによる青春のほとばしりとも言える個性的な演奏。音楽を奏でる喜びに満ちた感動的なトラック。
ベートーヴェンの作品の中で最も躍動感に溢れた楽曲のひとつ。

■11月6日第4回放送後
Fのだめオーケストラ / ベートーヴェン:交響曲第7番 ピアノヴァージョン 第1楽章より (のだめ ヴァージョン) 
のだめがオーケストラ練習で聞き覚えた曲をピアノで演奏し、千秋が大切なポイントに気づくきっかけとなる演奏。そんなレアトラックも完全にフォローされている。

■11月13日第5回放送後
Gのだめカンタービレ / ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 第1楽章 
ロシアの近代作曲家ラフマニノフが生んだ美しいメロディに溢れた名曲。千秋が学園祭でミルヒー指揮Aオケと共演する。感動的な演奏!

■11月15日CD発売日
Hガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー ピアニカ ヴァージョン (A) Sオケ学園祭でマングースが演奏する注目のラプソディインブルー。3人のピアニカ奏者、のだめオーケストラ、東京都交響楽団の演奏で録音。服部隆之氏のアレンジが秀逸!楽曲の前半部分を着うたに使用。


★★★第6回目以降の部分は変更の可能性があります★★★


■11月20日第6回放送後
Iラフマニノフピアノ協奏曲第2番 2台のピアノ 第1楽章より (のだめ・千秋 2台ピアノ ヴァージョン)
千秋の演奏に感動したのだめが2台のピアノで千秋と連弾。この録音でしか聴けないトラックかも。奔放なのだめに千秋が自由に弾かせてついていく。

■11月27日第7回放送後
Jガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー ピアニカ ヴァージョン (B) Sオケ学園祭でマングースが演奏する注目のラプソディインブルー。3人のピアニカ奏者、のだめオーケストラ、東京都交響楽団の演奏で録音。服部隆之氏のアレンジが秀逸!楽曲の後半部分を着うたに使用。

■12月4日第8回放送後
Kブラームス:交響曲第1番 第1楽章 
R☆Sオケによるブラームスの大曲の演奏。東京都交響楽団を原作にも登場する名指揮者 デプリースト氏が指揮。悠然とした名演奏です。

■12月11日第9回放送後
Lシューベルト:ピアノソナタ第16番イ短調 D.845 第1楽章 
のだめがマラドーナ国際ピアノコンクールで演奏するシューベルトの名曲。のだめの音色の色彩を感じられる。感動的な演奏。

■12月18日第10回放送後
Mモーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章
のだめ 千秋の感動的演奏をおもいおこさせる、この楽曲。スタンダードな演奏でお楽しみください。

■12月25日第11回放送後
Nのだめカンタービレ / サラサーテ:カルメン幻想曲 
清良がR☆Sオケをバックに独奏する超難曲。めくるめくヴァイオリンの旋律の中から有名なハバネラをお聴きください。
どこかで耳にしたことがあるフレーズです。


CONFIDENCE



こちらをクリックして、応援していただくとうれしいです



この記事へのコメント
こんばんわ☆彡
ピカピカのドナルドかなり気に入ってます(*>μ<*)

ドラマの『のだめカンタービレ』見ました(*>Ч●*)
とってもおもしろかったデス(>∀<ΨΨ)
Posted by ぴぃ☆彡 at 2006年10月17日 00:37
今までと、大分イメージが
変わりましたね(^^)

のだめは
コミックも面白いですね!

応援
ぽちっとな!
Posted by カーコ at 2006年10月17日 01:05
>ぴぃさん
私も見ていました〜☆
予想以上に面白かった!(失礼!w

もう少し、お堅い?まとまった?感じになるのかなと(テーマがクラシック音楽だったので)思っていたのですが。

意外とコメディタッチでしたね☆

ピカピカのドナルド、ほしくなりました☆
こっそり帰り道にゲーセン覗いたんですよww

でもUFOキャッチャーのとこになかったです><。
Posted by ニッキ at 2006年10月17日 01:08
>カーコさん
遅くまで・・・夜更かしは続いてますか?
私は明日(もう今日ですねw)会社に寝不足で行くことになりそうです(爆)

のだめのコミックをネカフェで読んでみたいと思いましたww

応援ぽちありがっとー(^-^v
Posted by ニッキ at 2006年10月17日 01:12
私も『のだめ』見ました〜。かなりアニメちっくで面白かったですね。
クラシックって聴いてみたいと思っても、よく知らないと、何を買っていいのやらっ。いつも困ってしまうのですが、ドラマで聴いた曲なら安心して着うたもダウンロードできるかも。
Posted by 亜也 at 2006年10月17日 18:43
のだめぉもしろかったですょね(@^ω^@)
着うたで配信されるなんてすごい!!
Posted by どんぐり at 2006年10月18日 00:15
>亜也さん
私もクラシックを聞きたいって思った時期がありました。(過去形ww

でも亜也さんと同じで聴きたい楽曲がどれなのか??分からずに挫折。

こういうキッカケがあればいいですよね〜
Posted by ニッキ at 2006年10月18日 12:42
>どんぐりさん
のだめ、面白かったですね〜

また見たいと思ったりしました♪

着うたいいですよね☆
Posted by ニッキ at 2006年10月18日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 東京都交響楽団東京都交響楽団(とうきょうとこうきょうがくだん、Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)は、1964年の東京オリンピックの記念文化事業として、東京都が..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2007-09-29 17:34
応援していただくとうれしいです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。