女優版「のだめ」 上野樹里の魅力

女優版「のだめ」上野樹里の魅力とは?


映画「スウィングガールズ」でテナーサックスを抱え、「ジャズやるべ♪」と青春を奏でる女子高生役で大ブレークした女優、上野樹里(20)。

今度は「ぎゃぽーっ」と奇声を上げる変態天才ピアノ科音大生の役で、再び弾けている。
デビュー6年目の今年は映画5本が公開され、連続ドラマに初主演。同世代女優の中では断トツの個性派だ。そんな上野樹里の“のだめ度”はどれくらい?

上野樹里が連ドラ初主演を果たしたフジテレビ系“月9”「のだめカンタービレ」。

演じる主人公、のだめこと野田恵は、風呂嫌いで部屋はゴミ溜め、でも音楽の天才。原作が漫画だけに設定は奇想天外。その奇人を、前傾姿勢の浮遊するような動き、舌足らずな口調、奇声と“ヘン顔”を連発して演じ、ハマリ役と話題だ。

「瞬発力が大事かと。のだめは感覚的で固まると面白くない。理屈を考えるより、自分を開放的にして体が感じたまま、常に素直に自由に動いています。」と上野。センスと勘の良さでこなしている。

よくあるかわいいヒロイン像とはかけ離れた“汚れ役”。出世作で、ジャズにハマる女子高生を演じた映画「スウィングガールズ」(16年)でも、鼻ほじりや鼻水をつらら状に垂らす妙技を平然とやってのけた。

「顔がかわいいとか表面的なことではなく、のだめは変わっているけど愛されるかわいいキャラで変態なところが新鮮で、演じていて楽しい。かわいいの価値観が違うんだと思います」と豪快だ。

恋愛に関しては変態ぶりが減る?のだめは、一目ぼれした千秋先輩(玉木宏)にメロメロ。だが時には、たくましく補佐する。

「のだめと千秋は互いにないものを持って助け合っていて、普段は犬のようにまとわりつくのだめが、いざ千秋がつまずくとサバサバ啖呵を切って支える。そういうところ、好きですね」

楽しいからピアノを弾くのだめ同様、楽しいと思うことをやり続けていたら女優になっていた。3姉妹の末っ子で、両親に「ほったらかしで自由奔放に育てられ、勉強机はなかった」。わんぱくな女の子だった。姉たちと対照的に習い事はピアノだけ。「テレビ、音楽、ファッションにも興味がなかったですね」。中学入学後、決められた進路に違和感を覚えた。

「授業で理科が物理・生物・化学と3つに分かれるとか、教科がバァーっと増えた。こういう勉強をして自分はどういう人になりたいか、全然わからなかった。思春期になり女の子は同じクラスでも手紙でやりとりして、男の子は前髪を伸ばし始めたりして、皆、楽しそう。私はそういうことが楽しくなかったんです」

そんな矢先、ある光景に心を奪われた。「真ん中の姉が憧れていた(4人組ユニットの)SPEEDを一緒にテレビで観ていたら、スタジオじゅうが一丸となってノッている。学校のクラスで音楽祭とか一つのことをやるのは好きだったので、皆が同じ気持ちで楽しむっていいナ、とりあえず芸能界に入ってみようと思いました。ダンスでも歌でも何でもいいから身につけて、自分の知らない人たちにまで楽しんでもらえたらと」

最初は「芝居は絶対できないし嫌」で、雑誌モデルのオーディションに応募し、事務所に所属した。CMオーディションを受けてCMに出演するうち、事務所のスタッフから「あなたのテンションはモデルやアイドルより、女優が向いている」と勧められ、ドラマや映画に。

イベントで写真集をPR。右手の二の腕が割れている。「ピアノの演奏で全身がパンパン、腕はガチガチ。力こぶ見えました?」
「オーディションでの、いろいろなモノを作る人とのやりとりが楽しくて好きだった。レッスンの経験はないですけど、今思えば、その間に勉強していたのかな? CMは15秒の演技、映画は2時間。最初は無理だと思いましたが、気づいたらやっていた感じです」

中学2年のとき、母親を病気で亡くしている。その体験を通じて持った人生観は前向きだ。

「人生は計算できないし、計算できたら意味がない。わからないから感動や刺激があるのではないかと。わかっていたら、きっと何もない。いつも挑戦、挑戦っていう気持ちでいるから、いろいろな自分が出せるんだと思います」

ポリシーは「自分を束縛することが嫌い。自由にやっていますね」。やはり女優版“のだめ”かも。YAHOO!ニュース



■編集後記

上野樹里の変人ブリがハマってる!感じていたんですが、驚いたことに上野樹里は関西人!しかもニッキの隣町(陣内智則と同じ街)なんですね。。。やっぱり変人の多い町。。。ゴホゴホ
いや!良識ある住人が多い地域ですね!(無理がある。。。汗)

それにしても「のだめ」は6回目。。。やりすぎか?w
前回は「のだめ」は実在の人物。前々回は「永岡真実」さんが実在の人物と書いてきました。

「のだめ」は本当に話題が豊富♪いやぁ〜ありがたい。(笑)


話題、人気の「のだめカンタービレ」満載DVD・CDはこちら




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 掲示板で一緒に盛り上がりましょう♪
■ エンタメ拾得ブログ」掲示板はこちら 
■ http://8720.teacup.com/nikki/bbs

■ ↓↓↓人気blogランキングに参加中↓↓↓
■ 1日、1回!クリックして、応援していただくとうれしいです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






この記事へのコメント
お久しぶりでございます(*´∀`*)
『人生は計算できないし、計算出来たら意味がない』きっと当たり前なことなんだけど言いきれるって凄いな-と思いました(*´ω`)
か…関西(ニッキ氏周辺地区)は…ゴホ…ゴホッ(*´艸`)笑
すてきな地域性があってすてきな人が育ってるんだと思います☆
Posted by ぎずも at 2006年12月20日 09:02
>ぎすもさん
おひさです〜。
そうなんですよね。分かっていても言えないこと、実行できないことってありますよね!でも言い切っちゃってる。。。すごいですよね。

ニッキ周辺地域はすごい変人がたくさん!(ぇw
まぁなんでも「すごい」ことは良いことだ!(意味不明・爆)

Posted by >ぎずもさん at 2006年12月20日 16:57
ご無沙汰してますm(_ _)m


上野樹里は確かにかわいいですね。でも、スウィングガールズでは、関口の役だった子が好きですね。確か僕の生きる道の草薙の妹役で出てるはず…o(^-^)o
Posted by オリボー at 2006年12月20日 23:03
上野さん関西人なんですかー!初耳でした(^O^)
度胸も才能もあってステキな方ですよね!
Posted by 上原 at 2006年12月20日 23:31
>オリボーさん
おひさしぶりです。
妹役といえば「りな」役の本仮屋ユイカさんでしょうか?
生きる道のほうは矢田亜希子でしたよね〜♪
オリボーさんはメンクイだφ(・ω・ )かきかき(笑)
Posted by >オリボーさん at 2006年12月21日 07:43
>上原さん
オンナは度胸って言いますから〜♪
ん?違った?まぁ良いよね(爆)

この人の出身って●●なんだ〜♪ってありますよね〜。
特に東京で活躍している人はそうだと思います。
関西ローカルで活躍している人はほとんど関西人です。。。
Posted by >上原さん at 2006年12月21日 07:48
のだめちゃん、かわいくてとぼけてて、勢いがあって、たまりません。大好きです。
アエラにも上野さんのインタビュー記事が出ていて、ますますファンになりました。
Posted by sleepy at 2006年12月21日 09:40
>sleepyさん
のだめの上野さんはホントにハマリ役ですよね。あぁいう役柄を素でこなせるって、天才か、○○か。。。(笑)
Posted by >sleepyさん at 2006年12月21日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援していただくとうれしいです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。