子どもの頃は嫌いだったのに今は大好きなものランキング

子どもの頃は嫌いだったのに今は大好きなものランキング


 子どもの頃はちょっと苦手だったけれど、大人になった今では大好きになったもの、一つくらいあるのではないでしょうか。「子どもの頃は嫌いだったのに今は大好きなものランキング」で聞いてみたところ1位にランク・インしたのは《ブラックコーヒー》でした。子どもの頃は「苦いだけ」と思っていたのに、その香ばしい香りや味にいつしか魅了され、今では毎日欠かさずに飲むという人も多いのではないでしょうか。豆の種類や挽き方によって風味が変わるなど、その奥深さも魅力ですね。続いて2位には《酢の物や内臓系など大人向けの料理》と食に関するものが上位にランク・インしています。

 3位には《1人でいる静かな時間》。子どもの頃には一人でいることの寂しさに耐えられなかったけれど、大人になるにつれてむしろ一人の時間を満喫できるようになったという人も多いのではないでしょうか。また日々の仕事の疲れを癒すべく《寝ること》、《マッサージ》と続いています。

 どのタイミングで「嫌い」が「好き」に変わったのかは定かでないものの、年齢と共に趣味嗜好は変化を遂げます。反対に子どもの頃は平気だったのに大人になったら苦手になっていた、なんて事柄も多々ありそうですね。

(gooランキング)



ニッキも3と5ですね。。
じっとしていることが、とにかくイヤな子供でした(笑)
今は本当にのんびり温泉に浸かっていたいです^^





お花見シーズン到来!パーティ必須アイテム多数

友達同士で違うと辛いことランキング

友達同士で違うと辛いことランキング


 昔から「類は友を呼ぶ」といわれるように、似た傾向を持つ人は自然と集まるもの。仲の良い友人同士は何かしら似たところがあるものではないでしょうか。とはいえ友達といっても違う人間同士なので、違った個性や考え方もあって当然。今回は、何人か友達が集まる中で違うと「ちょっと辛いなぁ」と思うポイントについて聞いてみました。

 「友達同士で違うと辛いことランキング」の1位は《金銭感覚》。これが違うと、お茶をしたり一緒に遊びに行ったりする際に相手に対して「あれっ!?」と思うことが増えるかも。同じ場所に行くにも「安い」と思うか「高い」と思うかはその人の《金銭感覚》によるところ。《収入》など単純にお金を持っているかいないかによっても違いますが、それ以上に人の財布を気にせずにお金を使いたがる人がいたり、とにかくケチなんて人がいたりすると困ることも。そんな人とは頻繁に会うのをつい避けてしまう……なんてこともあるのかもしれません。

 2位は《物事の考え方/価値観》。自分とは違った《物事の考え方/価値観》を持っているからこそ友達になれたり的確なアドバイスをもらったりすることもできますが、根本的なところで《物事の考え方/価値観》が違うと行動を共にするのが苦になる場合も。友達同士では《物事の考え方/価値観》が似ていることが重要と考える人は多いようです。

(gooランキング)



あるある!「生活の時間」に含まれるかもしれませんが、休みの日なんかの自由な時間が合わないと、一緒に遊べなかったりして。。
みなさんが友人同士で違うと辛いと思うのはどんなことですか?






お花見シーズン到来!パーティ必須アイテム多数
応援していただくとうれしいです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。